人気のインプラント歯科徹底ランキング@難波エリア

  • HOMEHOME
  • ランキングランキング
  • 歯科リスト歯科リスト
  • 基礎知識基礎知識
  • 口コミ集口コミ集

インプラントで起きた失敗と原因を調査

インプラントとは、顎の骨に人工の歯根を埋め込み、義歯をはめ込む治療方法です。
入れ歯よりも寿命が長く、自分の歯と変わらず食べたり手入れをしたり出来ることから人気が高まっています。

その一方、残念ながら失敗してしまったりするケースも報告されています。

そこで、ここからは、インプラント治療をお考えの方や既に治療を行った方にお役立て頂けるインプラントの失敗例とその原因をご紹介します。

義歯が破損する

歯根に埋め込んだパーツやかぶせた義歯が外れたり破損したりするトラブルは少なくありません。

破損する原因の多くはプランニングミス

いくつか原因が考えられますが、そのひとつは、プランニングミスです。

嚙み合わせのバランスや歯茎の状態などをしっかり把握せずにインプラントを挿入すると噛む力がパーツや義歯に集中し、義歯が壊れてしまうことがあります。

また、義歯の挿入時にしっかりと固定されていない場合にも過度な力が加わり、パーツや義歯が破損してしまいます。

義歯が抜けてしまう

義歯だけが抜けてしまったり、歯茎からパーツごと抜け落ちてしまったりすることがあります。

義歯がしっかりと固定されていないことが原因

インプラントは、顎の骨と義歯を固定するパーツが上手く結合することで固定出来ますが、歯肉炎や歯茎の減りにより義歯が上手く固定されない場合があります。また、顎の骨を調整する際に使用するドリルの熱で火傷を負ってしまい、上手く固定されないことも原因のひとつです。

そして、インプラントを挿入する際に角度や深さが合っていなかったため、しっかり固定されていなかったということも考えられます。

痛みや腫れ、しびれが残る場合もある

インプラントを挿入した部分や歯茎全体が痛む、腫れる、しびれが残るといった症状が現れることがあります。 ひどい場合は、出血してしまうこともあります。

施術時に細菌が浸入したことも原因と考えられる

インプラント挿入時に使用した機材がきちんと消毒されていなかったり、施術時に患者さんの体調が悪く、免疫力が下がっていたりして細菌が患部に入り込み発生するトラブルです。 また、骨の調整をドリルで行った場合、骨にドリルの熱が伝わり火傷をしたため発症している可能性もあります。

他には、挿入したインプラントが神経や血管を圧迫して、しびれや痛み、出血を引き起こしてしまいます。

歯科でのカウンセリングが重要

インプラントは、義歯を挿入するだけでなく、嚙み合わせや骨、歯茎の状態、バランスをしっかりチェックする必要のある治療法です。施術だけでなく、ヒアリングやプランニングをきちんと行ってくれるクリニックを慎重に選び、インプラントを成功させましょう。

最近では、カウンセリングが無料の歯科も増えてきたので、カウンセリングだけを受けて比較するのも良いでしょう。

北大阪インプラントセンターなんば院 NO.1

北大阪インプラントセンターなんば院

公式サイトはこちら 公式サイトはこちら
スマイル歯科クリニック NO.2

スマイル歯科クリニック

公式サイトはこちら 公式サイトはこちら
フィールデンタルクリニック NO.3

フィールデンタルクリニック

公式サイトはこちら 公式サイトはこちら
コンテンツ

サイトマップ